ゼロエネルギー住宅

ゼロエネルギー住宅とは、住むときに必要とされるエネルギー量を抑えながら、同等以上のエネルギーを
作り出すことのできる次世代の住宅をいいます。

政府が今後建てる住宅を、ゼロエネルギー化していく事を目標に、このプロジェクトがはじまりました。

ゼロエネルギー住宅の特長

detail_zero_01

 

1:一次エネルギー

detail_zero_01

住宅の壁や屋根の断熱性能を高めたり、窓に省エネ対策を施したりする事で、基本的な省エネを実現できます。
主に断熱、遮熱、遮光などの施工が挙げられます。

2:自然エネルギー利用

detail_zero_02

風通しや自然に空気の流れをよくする工夫などでエネルギー負荷を軽減する考え方です。
風通し以外にも、光を明かりに変える仕組みなどが考えられます。

3:太陽光発電の利用

detail_zero_03

自ら発電しエネルギーを創る為に必要な、太陽の光を利用した、発電システムを備える必要があります。
昼間のうちに太陽光発電で電気を作り、エネルギー消費の少ない夜は余剰電力を売る事で消費エネルギーをゼロにする考え方です。

ゼロエネルギー住宅の各種情報

国土交通省が計画している住宅に関する目標では、数年後のエネルギー問題を視野に入れた、
次世代の住宅の基準などを公表しています。

classroom_121010_1

一般的な住宅との比較

ゼロエネルギー住宅 一般的な住宅
コスト 比較的高めになるが助成金などによるサポートがある 低予算から高めの価格が存在する
省エネ 最初から省エネ対策を行う事ができる 省エネ対策やエネルギー問題に後々対処が必要になる。
快適さ トータルでコントロールするので使い勝手が良い
外的資源依存度 自分で発電する為依存しない  エネルギーの引き込みや補充が必要
工期 ワイズレーベンの場合手造りの為、若干遅め 一般的な設計から完成までの期間

ページの上へ